『女性×デジタル』DX研修について
2024.01.31

わくママHPのイベント情報でご案内しておりました、

DX研修~女性×デジタルの開催がありました。

 

 

~女性×デジタル~でしたが、女性に限らずのお話。

これから更にデジタルを使った働き方や仕事の進め方は、広がりそうです。

 

その背景には少子高齢化などによる働く人の数が減っているという潮流をわかった上でどう取り入れていくか。

AIに仕事を取られるのではないか・・・という前に人手不足もありデジタル化は必要

 

そもそもDXとは何か定義はあり、わかるようでわからないDXが

デジタルを使った働き方へ転換していく必要もあります、すぐに何かが変わることはないかもしれない、

だけど継続して取り組む、見直し修正などを繰り返すことで3年後5年後は変わる。

 

DXを理解して味方にする。大事なのはどうしていきたいのかビジョン。

 

デジタル人材になるには、やはり実際に使って触れて馴染んでいくことが必要。

 

職業訓練に通いデジタルスキルを身につけれる訓練の紹介もありました。

その中でもお話がありましたが、訓練は基礎をつける場となり、その後の仕事の場で力をつけていく!

やはりここでも継続が必要なのだと。

 

参加された皆様のとらえ方で感想は違うと思いますが

個人的に印象に残ったことの一部を紹介させていただきました。

「みんなのDX研修」通常バージョンは、あと2回あるようですので関心ありましたら

「広島県DX推進コミュニティ」で検索してみてくださいね。

 

就職に向けての相談や、今回研修で紹介のあった訓練ってどんなどんな話だったか、ちょっと気になるなーなんて方は、

ぜひわーくわくママサポートコーナーをご利用くださいね!

相談員 中村

 

\就職相談ご予約は専用サイトより24時間受付中!/

↓ご予約はこちらから↓

人生の目的は幸せに生きること
2024.01.26

 

尊敬するお金の先生がいつも言っていらっしゃた言葉です。

 

『人生の目的はお金を貯めることじゃない、幸せに生きることだ』と。


お金の賢い使い方は「思い出にお金を使う」ことだそうです。

 

思い出を積み重ねると、最後に残るのはそれだけだから。

 

12月に思い出づくりに励みました。

中学一年生の孫と二人で日帰りお伊勢参り。

 

 

夜明け前に出発、新幹線、地下鉄、近鉄特急を乗り継いで、

外宮・内宮と回り、歩きまくり、食べまくりの1日でした。

 

 

 

事前に「鶴ばぁとREINAの弾丸お伊勢参り行程表」を送ると、

旅行後、「鶴ばぁとREINAの弾丸お伊勢参りアルバム」が送られてきました。

 

 

 「たのしかった!」

   

 

 が帰っての第一声だったとか。いい思い出になったかな~!?

 

 

就職に向けての準備などお気軽にご相談ください。

ご予約は専用サイトより24時間受付中!↓ご予約はこちらから

 

 

 

2月相談員カレンダーをご案内します!
2024.01.23

 

 

相談員と一緒に春からの再就職に向けてスタートしませんか!

 

わーくわくママサポートコーナーでは、

保育園利用についての相談も受けております。

昨年秋には、次年度4月からの保育園利用申請について、多くの方にご相談いただきました。

 

4月からの保育園利用申請を提出された後は、

認定結果待ちの方もいらっしゃるのではないかと思います。

この期間に

 

 ① 働く目的と条件・経験の棚卸・自分の強み等を書き出す
 ② 職種・仕事の内容など、どんな求人があるのか情報収集

 

次の一歩!応募に向けて、このような準備を始めませんか (^^)/

わーくわくママサポートコーナーで使用しているアクションノートを使って

その後の動き方も一緒に考えていきましょう!!

 

他にもご相談内容は、今後のキャリアついて、応募書類の添削

面接対策適職診断など様々です!

 

 

【2月相談員カレンダー】

 

 

ご予約は専用サイトより24時間受付中!↓ご予約はこちらから

 

 

後悔しない保活! ★途中入所って、どうすれば良いの? 
2024.01.19

 

保育所は、4月に入所しないと入所が難しいって聞いたけど、、、

『さあ、これから働くぞ!』と思った時期が途中入園だった💦そんなときはどうすれば良いの?

今日は、そんなママへのアドバイス! 福山コーナーの相談員阪口です♪

 

確かに、年度が変わり4月は園児さんの入れ替わりで

1年の中でも一番入園枠が広いのは、その通りなんですが、

いろいろな方法があるんですよ。

☆安心してね! 途中入所も大丈夫です!

 

その前に質問です。

≪あなたのお子さんは何歳?≫

保育所の年齢って、4月1日の時点って知ってましたか?

 

例えば、2023年4月10日生まれのお子さんは、お誕生日が来たら1歳になりますが、その年度は0歳児さんなんです。

これ大事なことなんです。地域によりますが、0歳さんは、空きがあるけど、1歳児さんは…ということあります。

(逆もあります。)ここをおさえてくださいね!

では、働こう!!と思った時が途中入園!そんな時のポイントをご案内しますね。

 

【保育所見学と申請書類の入手】

気になる園に見学に行って、申請書類をもらって下さいね。1か所だけでなく、何カ所か見学するのがおすすめです!

※その時に、ここに入りたいと思っているのですが、空き状況ってどんな感じですか?と、聞いてみるのもおすすめ!

 

空き状況を調べて、保育園の候補を決める】

福山市(各市町)のホームページに、毎月の空き状況が出ますので、チェックする。

※希望の保育所に空きがなくても、通える範囲に空きがあるところは無い?あれば、見学してみてね。

・通園が可能な入れるところに入って、後で、希望の園に空きが出れば、変更届で、転園する方法もあります。

・認可の保育所のほかにも、認可外保育所や、企業主導型保育所も探してみるのもおすすめです。

・3歳以上なら幼稚園(園によっては、満3歳コース(年年少クラス)があるところも)の選択肢もありますね。

・託児有りや保育所を持っているところの求人を探してみるというのもあります。(必ず空き状況を確認してね)

 

ポイントは、※今空いていなくても、転勤や引っ越しの多い時期には、空くこともあるので、毎月チェックすることが大切!

※福山市では求職活動での申請には、48時間の求職活動報告が必要です。あきらめずに求職活動を継続してね。

※求職活動でも申請はできますが、就労が決まっていると保育所入所の可能性は、高くなります!

気になる求人があったら、応募してみましょう!コーナーでも、しっかりサポートさせていただきます。

 

【第一希望の保育所に申請書類を提出する】

申請は、前月の10日までに第一希望の保育所に提出。 例えば5月入所なら、4月10日までに申請します。

 

途中入所の最大のポイントは、【あきらめない!!】  

確かに、4月が一番枠が多くて、入りやすいけど、あきらめなかった方は、お仕事を始められているな~

というのが体感です。

途中入園が難しく認可外を利用した方の中には、ほぼ一年間認可外を利用し、

その後、認可保育園へと変わったというケースもありました。

 

上記は、概ねどの地域でも当てはまるポイントですが、具体的には各地域で案内されている

保育園入園の案内を見てみてくださいね。

広島市の場合は、8区ありますが居住区以外の区でも利用可能ですので、住んでいる場所の近く、

職場の近くと選択肢が広がるかもしれません。

 

保育園どうしたら良い?と迷ったら、「わーくわくママサポートコーナー」をのぞいてみてくださいね。

色んな知恵を総動員して、一緒に、保活も就活も頑張りましょう!!

 

ご予約は専用サイトより24時間受付中!

↓ご予約はコチラから

 

 

 

 

 

 

 

 

どのように見えていますか❓
2024.01.17

 

 

  オンラインミニセミナーで「働くママのセルフケア」講座を担当させていただいております。

ひろしまコーナー相談員 矢田です。

 

講座では、3つのキーワードの中から関心のあるテーマを中心にストレスの成り立ちや、心身の健康の大切さ

などをお伝えしながら、受講者の方と、対話を通じて「毎日を気持ちよく過ごすヒントを見つける」作業をします。

受講者の方が新たな気づきを得たときに、画面越しの表情がパッと明るく変化します。

とっても素敵な瞬間です!

 

 ストレスの要因は、人それぞれ異なり、そのひとつに「職場での人間関係」があります。

相手のあることですから、コミュニケーションという視点で受講者の方の「日頃の物の見方、受け止め方」

を簡単なイラストを使い確認します。

 

 「みなさんは、下のイラストの質問にどのようにおこたえになりますか」

 

 「半分しか、半分も、半分から増えていく、半分から一気になくなる」いろんなおこたえがあります。

 

 「半分しか」からは、「不安かな」「不足だな」「心配な気持ち」「あせり」など

 「半分も」からは、「ちょっと安心」「まだ大丈夫という感じ」「落ち着いていられる」「余裕がある」…など

  コップの中身の量をどう受け止めるかにより、違う見方ができます。

  これは、、ご自身の中で作られている気持ち」とも言えますね。いかがでしょうか。

  

  中身は何でしょうか。

  「オレンジジュース、麦茶、ビール、ウィスキー、炭酸飲料、、」

  

  自分の傾向や回答を知ると同時に他の方のおこたえをお伝えし情報を得ていただきます。

  これは一例ですが、これらを職場やご家庭に置き換えてみましょう。

 同じ状況や同じものを見ていてるようで、人によって、立場や、それぞれ感じ方が異なること、

 受け止め方が異なると「意見、表現」も異なることもあります。

 その異なる認識を共有するためにコミュニケーションが重要になります。

 ここから先の内容にご関心の持っていただけるようでしたら、ぜひオンラインセミナーへのお申し込みを

してくださいね。1月、2月の講座のカレンダーは以下のようになっております。

  

ご予約は専用サイトより24時間受付中!

↓ご予約はコチラから

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 232