ズーニンの「初動4分間」の法則
2018.08.07

相談員の富田です。

秋の就職にむけて準備されていらっしゃるママさんが

マザーズコーナーに沢山お越しです。

涼しいなかでゆっくり検索もいいですね!たくさんのママさん、お待ちしています!

 

さて、今日は面接のお話しです。

心理学者・ズーニン「初動4分間」の法則をご存知でしょうか?

何かをはじめるときに、最初の4分間のスタートを切れば、

あとはがうまく進む…と、言われています。

面接でも最初の4分間が勝負かも知れません。

そして、ズーニンは「3・3・3の法則」も有名です。

人の印象を判断するとき、初見3秒、挨拶30秒、話の内容3分。

3・3・3の法則を合計すると3分33秒。

そうです、最初の4分はこの構成にすれば良いのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

最初の3秒と30秒。

第一印象といえば、皆さんはビジネスマナーを想像されて

難しい、めんどくさいかn?という印象をお持ちかも知れませんが、

それほど堅く考える必要はありません。

仕事に対する真剣さ、誠実さ、優しさ、思いやりを心に置いて望むだけでOK。

自然と、背筋がビシッとして、颯爽とした歩き、

テキパキした受け答えができるものです。

 

次の3分。

どうして、この会社を選んだのか

どんな仕事をしたいか

いままでどんな業務(経験)をされましたか

など聞かれますので、

ご自身の思われていることを素直に伝えればいいのです。

 

その後は、勤務時間や子どもさんのことなど…

面接官にお聞きすると、15分~20分が一般的だそうです。

あっという間に終わってしまいますね。

緊張して、

 「言いたいことが上手く言えなかった」

 「練習して行ったけれど、想定外の質問があった」

 「上手く伝えることができたか不安」

 「真っ白になって、何を聞かれたか覚えていません」

といわれるかたもあるかもしれません。

しっかり事前準備をして悔いのない面接に臨んで頂きたいです。

 

コーナーでは、自己分析(長所や短所)、志望の動機の書き方、面接練習など

お手伝いをしております。

せっかくのチャンスで後悔をしないためにも

一声かけてください。お待ちしております。